H2O WirelessのプリペイドSIMを購入する – ハワイへの長い道

isoon.orgでH2O WirelessのプリペイドSIMを購入する

iPhoneをハワイで使うためには、SIMが必要だ。
今回は、H2O WirelessのプリペイドSIMを購入する手順を、ハードボイルド調で紹介する。
H2O Wirelessは、全米にネットワークを持つAT&Tの回線を利用しているため、ハワイ以外でもアメリカ50州どこでも利用可能だ。

まずはブラウザでhttp://isoon.org/simを開く。商品一覧をクリックすると以下の画面が出るので、購入したい通話プランを選んでほしい。

buyh2o01

1週間以内の旅行で、節約すれば、データ通信は500MB程度で足りる事が多い。
しかし、$30プランは、500MBデータ通信した後は、チャージするまでまったく使えなくなってしまうため、500MBデータ通信後も、低速のデータ通信が出来る「3-IN-1 SIM +$35データ通信500MBセット」を購入することにする。支払はドル建てでは無く、日本円で4480円だ。
現在はSIM代金は無料となっている。

buyh2o02

説明が長いが、一応最後まで目を通してから買い物カゴに入れて欲しい。

buyh2o03

[ユーザー登録をして次へ]をクリックする。

buyh2o04

自分のメールアドレスを入力する。
[確認]を押したら、メールアドレス宛に、以下の様なメールが届くはずだ。

buyh2o05

メール内のリンクをクリックすると、ブラウザの画面が開く。
ここで、パスワードを入力すると、ユーザー登録が完了だ。

buyh2o06

次の画面では、支払方法を選び、配送先を入力して欲しい。

buyh2o07
郵便番号を入れると、町名まで自動的に表示されるので、残りを入力する。
buyh2o08

この画面で最終確認をすれば、注文が完了だ。
支払方法でPAYPAL(クレジットカード)を選んだ場合は、ここから支払画面へ移動する。
(銀行振込や代金引換を選んだ場合は、支払画面は表示されない。)
buyh2o09

PAYPALの画面はこのように表示される。
buyh2o10

注文が完了すると、アカウント画面が表示される。
開通日を入力する前に、まずはSIMの到着を待って欲しい。
http://isoon.org/sim/accountsでログインすれば、いつでもこの画面を開く事ができる。

buyh2o11

今回、試しに木曜日に注文をした。金曜日に「発送しました」とのメールが来て、月曜日にSIMが到着した。注文から4日後だ。

到着した封筒は、白地にスタンプが押してあるだけだ。
buyh2o14

中身はSIMと納品書だけだ。念のため納品書のSIM番号と実際のSIMの番号に違いが無いか、確認しておこう。

buyh2o15

アカウント画面で開通日を入力する

SIMが到着したら、開通日を設定して欲しい。
この画面を開く場合は、http://isoon.org/sim/accountsでログインをしてほしい。ここでは、開通日の入力のほかに、レビューの書き込み・訂正、注文のキャンセルも可能だ。

buyh2o11

電話番号は、開通日に決まる。
そのため、早めに開通しても良いのだが、その分、利用できる有効期限が短くなるので注意が必要だ。
また、開通後には返品が出来なくなるので、心配な場合は、開通日を遅らせて欲しい。

開通日と共に、市外局番も入力ができる。電話料金は同じなので、市外局番は何番でも良いが、ハワイに行くなら808がお勧めだ。

buyh2o12

ここで、宿泊するホテルや訪れる予定のレストランの電話番号を確認してみて欲しい。ハワイにあるホテルやレストランは、すべて808+7桁の電話番号になっている事がわかる。
そして自分の電話番号が、808で始まっている場合、市内通話になるので全て7桁の電話番号だけで(注1)電話を掛けることが出来るのだ。これが意外に便利だ。

さらに詳しい H2O WirelessのSIMの使い方・設定方法は、ホームページの使用方法を見て欲しい。

注1:ハワイ州では、808で始まっていても島が違うと市外・長距離電話となります。

中古iPhone4sを購入 – ハワイへの長い道

中古のiPhone4Sを買って、ハワイでプリペイドSIMを挿して使うまでをレポートします。
これまで職業柄、iPhoneには縁がなかったのですが、現地でツレと連絡を取るためには、もう一台スマホが必要なので、買うならやっぱりiPhone?って、中古のiPhone4sを買ってみます。

中古のiPhone4sを購入する

ネットを色々みて、沢山取り扱いがありそうなムスビーと言うサイトで購入してみました。
SIMフリーのほうがモチロン良いのですが、キャリア版のほうがお手ごろ価格なので、H2O Wirelessが使えると言うAU版を購入してみました。

au iPhone4S 32GB ホワイト
コンディション:B (多少の傷や汚れがある中古品)
商品売価:10,600円

タイトルに「安心保証付・美品」って書いてあるので、良いかなぁと。でも、何が安心で、どう保証されるのかは知りません。
購入手続きを進めて行くと、最後のほうになって「事務手数料:540円」と出てきます。ちょっと騙された気分。
合計11,140円の出費です。

2日後には手元に届いてまずまずです。

iPhone4sが到着

iPhone4s
iPhone4s内容物一覧

本体だけです。
ほかには何も入っていません。
ジックリと見ると、周囲に小さな傷が何箇所かありますが、遠めには全然気にならない程度です。

バッテリーも空っぽなので、ひとっ走りダイソーに行きます。108円也。

ダイソーのiPhone4sケーブル
ダイソーのiPhone4sケーブル

ケーブル20cmではちょっと短いですけど、充電できるし、パソコンと接続も出来るので100円って素晴らしいです。もう2本くらい買っておこう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ダイソーのケーブル達

あら、100cmとか、MicroB変換アダプタとか、色々あるじゃない。ダイソー素晴らしすぎです。

20分くらい充電すると、やっと起動してくれます。

WiFiが使えない。初期不良です!

この後、色々とあるのですが、結論としては・・・WiFiが使えない!
初めてiPhoneを触ったので、なかなか判らなかったのですが、最初に起動して国を選んだりした後に、本当は直ぐにWiFiの設定が出てくるはずなんですね。
いろいろとアクティベーションした後も、[設定] – [Wi-Fi]を開くと Wi-Fiの文字がグレーアウトしていて、使えないのです。
ムスビーに連絡して、交換してもらいます。

交換には2週間かかりました

「Wi-Fi使えないので交換してください」と報告すると、詳しい状況を教えてくださいと質問が来て、
それに答えると、「グレーアウトしていると言うことですね」と確認がきて
そうですと答えると、
翌日に画像を送ってくれとか言われ、
また翌日に、返金が良いか・交換が良いかと聞かれ、
また翌日に、OSはバージョン幾つがいいかと聞かれ、
またまた翌日に、シリアル番号XXで良いかと確認され
いいから早く交換しろよ!と切れかけたところで、まだご質問に回答頂いておりません、と言われ
最後の質問に答えて全て終わった、
と思ったら、
「商品の返送を確認してから交換品の発送になります」と言われ、
もう「どうにでもして」と言う頃に、交換品が届きました!
安心保証付サイコー。

iPhoneをアクティベートする

交換品が届いたところで、気持ちを新たにして、iPhoneをアクティベートします。
まずは充電です。20分くらいかかります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
SIMカードが挿入されていません

はい。SIMカードは挿入していません。無視して進めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Wi-Fiネットワークを選択

WiFiの設定画面が出ます。よかったですね。
ここで、わが家のWiFiに接続します。たぶんWiFiが無いと、アクティベーションを終了する事が出来ないんじゃないかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
SIMが必要です

そうですか。やっぱりSIMが必要ですか。

ここで、我が家にあるH2O Wirelessの3-IN-1 SIM(http://isoon.org/sim で販売中)を挿入してみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
iCloudをアップデート中

何と言う事でしょう。

アクティベーションしてます。AU版iPhoneとH2O Wirelessは相性が良いみたいです。
これで、iPhoneが使えるようになりました!もちろん電波は圏外ですけど、Wi-Fiは使えます。
お疲れ様でした~。

iPhoneのプロファイルを変更してアメリカの空港に付いたら直ぐにデータ通信を始める方法

iPhoneでAPNを変更してネットに繋ぐにはプロファイルが必要

プリペイドSIMでデータ通信を行うためには、APNの設定が必要です。
Androidや、SIMロックフリー版iPhoneでは、[設定]->[モバイルデータ通信]のメニューから、APN設定が出来ますが、iPhone の機種によってはプロファイルが無いと、手も足も出ないそうです。困りますね。
ここでは、H2O WirelessのSIMを日本で購入(http://isoon.org/sim)した後に、アメリカの空港に付いたら直ぐにiPhoneでデータ通信を始める方法をご紹介します。

iPhoneでプロファイルを設定するなら http://www.unlockit.co.nz がお勧め – WiFiが必要です

まずは、unlockit.co.nzで、H2O Wireless用のプロファイルをインストールしてみます。この操作には、WiFiなどでネットワークに接続されている環境が必要です。

  1. Safari から www.unlockit.co.nz を開く
  2. 画面下の[APNを作成します。](または[Create APN])のアイコンをタップ
    2017-05-03
  3. 以下の通り、国とキャリアを選択
    Country: United States
    Carrier: H2O Wireless(LTE)
  4. [Create APN]をタップ
  5. [インストール]をタップ

とても簡単です。

必要が無くなったら(日本に帰ってきて、接続先を戻す場合は)、プロファイルを削除します。

[設定]->[一般]->[プロファイル]->プロファイルをタップ->[プロファイルを削除]

WiFiが無くてもインストールできるようにする裏技

ホノルル空港にはWiFiが無いじゃない、と思われた方・・・安心して下さい。
出発前に、以下の手順でプロファイルをダウンロードします。

1. パソコンのブラウザから http://www.unlockit.co.nz/fw/ を開く

2. 先ほどと同じ画面が出ますので、[Create APN]まで同じ手順で行く

3. 「Prodata.mobileconfig」と言う名前のファイルがダウンロードできる

4. ファイルをメールに添付して、自分のiPhoneに送信する

5. iPhoneで添付ファイルを開くとプロファイルのインストールが始まる

これで、空港に着いたらすぐにデータ通信が出来ますね。
同様に、日本で使っているキャリアのプロファイルもiPhoneに送信しておけば、帰国時もすぐにネットに繋がります。

ぜひ、日本にいる間にプロファイルのインストールと削除を試して見てください。

※上記の情報は2016年9月現在のものです。将来的に、同じ方法でプロファイルがダウンロード出来るかは不明ですので、ご了承ください。

平成27年分確定申告のための簡易計算ページ作成

これまでは、確定申告前にエクセルで計算をしてましたが、計算式があまりに複雑なので、PHPで作成しました。
平成27年分確定申告対応税額簡易計算

このページの優れものな点は以下の通りです。

  • 住民税も計算できる
  • 配当の申告区分(総合課税、源泉分離課税)によって、いくら税額が変わるか計算ができる
  • 計算結果をエクセルに貼り付けたり、エクセルの数字をWEBページに戻したりできる

しかしながら、あらためて税金の複雑さには驚くばかりです。
ユーザーインタフェースよりも、税金計算のロジックを実装するほうが、時間掛かってます。
それだけ時間かけても、まだ完全ではありませんので、さらに細かい計算は税務署の確定申告コーナーをご利用下さい。
確定申告書等作成コーナー
※ただし、確定申告コーナーでは、住民税がいくらになるかは計算してくれません

また、私の作成したページは計算結果に間違いがあるやもしれませんので、なにとぞご了承ください。間違いを見つけたかたは、是非ご連絡ください。(先着何名様かには、SIMカードをプレゼントします。http://isoon.org/sim

申告の際のポイント

1. すべての税額を合計して考える

所得税だけでは無く、住民税や、源泉徴収分もあわせてトータルで幾ら納税しているのかを考えましょう。住民税は翌年に給料から天引きされるので、納税している実感がありませんが、所得税よりも多かったりします。

2. 積極的に確定申告する

「申告不要」と言われても、確定申告をしましょう。
申告不要と言われると、儲かったような気がしますが、実は源泉徴収されてます。申告して税額が増える事はありませんので、どしどし確定申告して還付を受けましょう。

3.扶養控除はもれなく

扶養家族は同居している必要はありません。もれなく申告します。

4. 配当控除は総合課税で申告

特定口座に入っている配当収入も、確定申告することができます。配当控除は信じられないくらいに優遇されていますので、総合課税でいくら税額が変わるか計算してみましょう。

5. 給料少ない人は、株やFXの所得も申告

株の譲渡所得は、源泉分離課税ですが、基礎控除・扶養控除枠があまっていれば控除が適用されます。非正規雇用の方や無職・零細企業経営者などは、控除枠があまってますので、株の譲渡所得も申告しましょう。申告しても税額が増えることはありません。
ただし、申告をすると税額は減っても、所得が増えますので、被扶養・被配偶者控除の対象から外れる可能性があります。さらには社会保険の扶養からも外れる可能性がありますので、十分ご注意のこと。

6. 最後はふるさと納税

それでも税額が高い人は、今年こそはふるさと納税しましょう。(平成27年分は、今から納税は出来ませんよ)
ふるさと納税の恐ろしいところは、所得税、住民税から全額控除される、と言うことです。
全額控除枠内であれば、トータルの支払額は2000円だけ増えますが、地方の特産品などを頂くことで完全にプラスになります。
これって税金の無駄遣い・ばら撒きとしか思えないのですが、ばら撒いているなら、拾いましょう。